桶田塾 浦和(さいたま市)、国語力。

中学受験の国語専門塾「桶田塾」、受験に対する考え方

※中学受験をお考えの方は必ずお読み下さい。
 国語専門部においては、国語力を伸ばす以外で、全面的に受験に関わることには限界がありますが、最大限受験生の応援はしていきたいと考えています。ただし、ここの教室方針は読み書きにこだわり、確かな国語力を養うことです。それをないがしろにする指導だけは避けていきたいと思っています。基礎体力をしっかり身につけた上での積み上げが肝要です。

中学受験国語の法則

 長年進学塾で中学受験の国語を担当し、たくさんの子供たちを送りだしていくうちに、中学受験には法則のようなものがあることに気がつきました。それは、国語のできる子供は受験学年後半になって急激に伸びる場合(他教科も含めて)が多いということです。それは一概には言えないのですが、精神的な成長の度合いが深く関係しているということです。また、それが多くの中学受験生にとって、国語のできるできないの分かれ目にもなり、保護者の方の悩みの種にもなっています。それだからこそ、いざ中学受験生になった時に必要なことをどれだけやってきたかが重要なポイントになるのです。

6年生までに何をすればいいのか

 この場合の国語のできるというのは、記号選択や抜き出しのような文章の本質を読み取ることとはあまり関係のない、事務処理能力を測るようなものではなく、自分の頭で考え抜き、それを自分の言葉で表現し、他者に伝えられる力のあることを指します。

 それに対し、本の世界に浸る暇もゆとりもなく、また、その楽しさも知らず、文章の持つ本質とはかけ離れた事務処理能力ばかり高めるようなことばかりをしていたのでは、最終的に到達する地点が全く違います。

 まるでそれは、自然のゆるやかな流れによって育まれた緑豊かな森と、人工的に性急かつ無計画に開発されて荒れ果ててしまった山であるかのようです。

 5年生ぐらいまではいいでしょう。しかし、6年生になり、子供の抽象理解が(個人差はありますし、子供の精神的な成長にもよります)飛躍的に伸びてくる段階になると、そのような差は歴然です。

この教室の中学受験に対するスタンス

 この教室では、こちらでの指導方針を遂行する以外で、物理的な面で何時間も拘束したり、睡眠時間までも削るぐらいの課題を出したりするようなことはしません。進学塾での補習的な指導や、やみくもに問題集や過去問をするのではなく、あくまで一人一人の発達段階に応じた指導を行うことで、根幹となる力を養うのがねらいです。中学受験というレールの上で、読み書きの習得もままならない子供達に、しっかりと本を読み、表現できる力をつける時間を作ってほしいと思っています。

 もちろん問題集や過去問をやらないという訳ではないので、必要な子には、問題集を与え、時機の来た中学受験生には過去問をどんどんやってもらいます。しかし、それらはしっかりと段階を踏んだ上でという意味で、あくまで二次的なものです。また、遠回りなように見えても、最終的に先程も述べたようにそのような道を辿ってきた子は後になって伸びていくケースが多々あるのです。

読解力=得点力?

 よく国語のテストなどで登場人物の気持ちは?と問われます。これに対して、登場人物の気持ちなど本当にその人物になってみないとわかりっこないという意見を聞きます。だから、国語なんてセンスの問題だと短絡的に結論付けられるのがオチのようです。

 結局なぜセンスの問題なんだと片付けられてしまうかというと、そのような問いそのものが、その人の現実における人物理解そのものにつながってしまうからなのです。人物理解は他者への深い共感なくしてあり得ません。その共感は肯定的なものも否定的なものも含めた意味としてです。自分が当たり前と思っていることが他人には理解を超えたことだったりします。現実の生活でその理解が補えない時、それを補う役割を果すのが読書であり、読解なのです。現実だけでも足りないし、本だけでも足りません。両方のバランスが取れて、初めて深い共感が得られます。

 そのように考えると、国語は、センスの問題ではなく、他者に共感できる“人間”としての立場に沿った理解が必要だと言えます。

 

ページトップへ