知性と人間性を育てる、国語力。

私立中高一貫、大学付属の中学生向け数学個別指導

私立中高一貫校の中学生向けの数学個別指導

 私立中高一貫校の生徒さんは学校のカリキュラム上、公立中学などと違い、学習の速度が速めに設定してある学校がほとんどとなります。通常の進学塾などの集団授業では周囲の生徒との範囲などが異なってしまい、なかなか学校の学習進度に合った集団指導は受けられません。個別の指導が必要不可欠となります。学校の学習進度や既習分野の定着度合いにもよりますが、学校の学習内容と平行した形での補習と演習、既習分野の学習内容の見直しなどを、大学受験を見据えた長期的視点からの絶対に押さえなければならないポイントをしっかり指導させていただきます。

 私立中高一貫校は中学の理科の内容も発展的になります。障害となってくるものはとりわけ計算絡みの分野(高校範囲では主に物理、化学の分野)になる傾向があります。そのような部分はしっかりとした定義、イメージを頭の中で整理さえできれば対処できるものです。授業構成は数学のみならず、このような理科の指導を加えることも可能です。柔軟な対応をさせていただきますので、遠慮なくご相談ください。

 中高一貫生のための英語、個別指導のご案内はこちら

 

大学附属中学生向けの数学個別指導

 大学附属の中学、高校として早稲田、慶応、明治、青山、立教、中央、法政、日大などの附属高校があるかと思いますが、学校内の成績によって行きたい大学の学部、学科が制約されることは周知の事実かと思います。そのあたりの成績を安定的に確保する意味で学校の学習内容の補習をさせていただきます。附属校の生徒さんは、潜在能力の高い生徒さんが大勢います。勉強する習慣自体が減ってしまっている状況が見受けられ、もったいなく思うことが多くあります。また、推薦で大学に入学した友人などは入学後に勉強面でだいぶ苦労している光景をよく目にしていたものです。理系進学の場合は特にそうです。推薦入学のため、成績を上げるための通塾というのも大切な考え方ですが、大学に入学しても一般受験の学生と渡り合える学力養成を目標にしていくことも大切かと思います。

 付属校生のための英語、個別指導のご案内はこちら

 

 

ページトップへ